日刊ゲンダイ ゲンダイネット
RSSリーダー
メルマガ登録

ペニオク詐欺タレント芸能界追放へ

楽天SocialNewsに投稿!
2013年2月4日 掲載

小森純「生謝罪」も火に油


<きちんと会見しておけば…>

「ちゃんと謝りたかった。認識が甘かった」
 3日の「サンデージャポン」(TBS)でペニオク詐欺への加担を生謝罪した小森純(27)。しかし、番組で同情の声は皆無。西川史子(41)は、「サンジャポに出て、謝って、みそぎを済ませたことになると思ったら大きな間違い。こうやってテレビに出てこられる神経も理解できない」と、本人を目の前にコテンパン。弁護士の八代英輝氏(48)も「実際に被害者が出ていることをどう考えているのか。泣いている姿に違和感を覚える人もいる」と話した。

「ちゃんと謝りたかった」のなら、なぜ今まで謝罪会見を開いたり、取材に応じなかったのか。問題が明るみに出たのは昨年12月中旬。2カ月近く経った今も、芸能界では騒動の火種がくすぶっている。

「特に小森、ほしのあき、熊田曜子は影響が深刻。詐欺に加担したタレントの起用に、スポンサーは嫌悪感がある。この3人は番組のゲストやイベントに呼ばれてナンボのタレントですからね。イベントを主催するPR会社やキャスティング会社も最近は“身体検査”をした上でオファーを出すなど、神経質になっています。ステルスマーケティングとペニオク詐欺は別物だけど、ステマをやる芸能人に関しても扱いづらくなっている」(広告代理店関係者)

最新の芸能記事
 

オススメ情報

恋愛

悩み

ビジネス

家電

健康

最新トピックス


注目のキーワードPR

注目のキーワードPR

オンライン

注目のキーワードPR

ゲンダイ
日刊ゲンダイ電子版